新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

薔薇の名前 III
薔薇の楔
後編

本を購入

本価格:514(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1999/08/25
    ISBN:
    978-4-8296-5172-8
書籍紹介

彬様が真の姿になる

フィラードに監禁され苦しむ彬をさらにうちのめす菜津央の裏切り。瀬名と彬をひきさく真実とは? シリーズ、ますます快調!
立ち読み
「自分の妖力でやられる気分はどうだ?」
  彬は、瀬名の顎を掴んで聞いた。どうやら彼は、先刻の情事で吸った瀬名の妖気を濃縮し、一気にぶつけてきたようだった。
「どういうふうに、殺してほしい?」
  悪戯っぽく、彬が尋ねる。瀬名の手を取り、銀のナイフを瀬名の爪の先に突き付ける。ナイフが、じわりと爪と皮膚との間に沈んだ。しかし、瀬名は声一つあげなかった。
  その血を、彬の舌が掬う。
「甘い…」
  ぴちゃ、と喉を鳴らして、彬は血を飲んだ。それを皮切りに、瀬名の頬に、額に、唇に、愛しげに唇を落とす。汗に湿ったしなやかな黒髪を、指先で梳き頬を寄せる。
「今生でも、お前は美しいな」
「……」
  正気の時の彬なら虫酸を走らせるようんさ睦言を、今の彼は平気で言う。狂気を発した瞳で、彬は訊く。
「その指で、その顔で、幾人を誑かし、貶めた?」
「お前だけだ」
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり