新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

天使の檻の中で

本を購入

本価格:620(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:620円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

 愛してるのは、俺だけでいい──献身の監禁愛。

意識を失い、目覚めると従兄弟の真先に監禁されていた大学生の翼。キャリア警察官である彼の所業に呆然としたまま愛撫され、愛を告白された。「こうするしかなかった」と拘束され、淫らな行為に慣らされて溺れていく。けれど──眠りにつく度に見失う時間、愛を告白したにもかかわらず答えを求めない真先の真意。この異常な状況に、ついに翼は真先の正気を疑い始めて……?
立ち読み
  クリームのようにきめ細かな泡を置き、撫でるように洗われた場所は、湯で洗い流された後も、ふんわりと包まれているような感触が残る。
 自分の容姿に関心がない翼は、身体の状態にもほとんど注意を払っていなかったから、肌が、隅々まで、これほど大切に手入れされたのは、初めての経験だった。
 手間を惜しまずに石鹸を泡立て、肩から背中へと洗い上げていく真先は、とても楽しげでありながら、大人らしい落ち着きを備えていて、衝動的に相手を殺したり傷付けたりするようには見えない。
 それでも、脇から胸へ上った真先の手が、翼の首に触れたときには、思わず、息を呑んだ。
 もし、今、真先が、自分を殺すつもりなら、それはとても簡単に、あっけなく成し遂げられるだろう。
 たとえ、手を鎖で封じられていなかったとしても、真先と翼の体格差では、抵抗するだけ無駄だ。
 悲鳴を上げる間すら与えられず、自分の命は消されてしまうだろう……。
 鏡の中で、痣と真先の指が重なる。
 ジャリ。
 緊張で身を固くした翼の上で、鎖が、擦れ合って音を立てる。
 ───真先さん、まさか……?
 けれど、真先の指は、胸の中央を通って、下腹部へ下りた。
「翼のここには、除毛クリームを使ったんだ。カミソリで剃った毛は、切断面が尖っているから、伸び始めるとチクチクするらしい。それだけじゃなく、刃で肌が傷つけられて、痒くなったり赤くなったりする原因にもなるんだ」
 元々、そこに何もなかったように滑らかな性器まわりの肌を、石鹸の泡にまみれた真先の指が行き来する。
「きれいな肌だね。この肌を、もっともっときれいにしたい」
「あ、あの……」
 遮ろうとしても、手錠の輪が手首に食い込み、鎖が軋みを上げるだけで、これまでのどこよりも丹念に擦る指は止まらない。
「もう、やめ……」
「やめないよ。翼を愛しているから」
 
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング
一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり