新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

凍える月影

本を購入

本価格:590(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:590円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

抱いてくださりませ、兄上──

縹国に使いとしてやってきた僧侶の月永は、世俗を離れた身でありながら、その美貌ゆえ国主・義康の寵愛を受けるようになる。だがそれこそが月永の謀略であった。月永は家族の仇を討つため、何も知らずに正道を歩む異母兄――義康を穢そうと身体を開いたのだ。義康を禁忌の関係に堕とし、国を滅するべく罠を仕掛けていく月永。だがそれは義康の中に眠る獣を目覚めさせてしまい…。
立ち読み
「……許せ、月永。そなたを、仏の下には返せない」
「あぁ……義康様。お側にいられるのでしたら、この身がどうなってもかまいません。御仏もわたくしを救ってはくださらなかった。仏に使える僧侶たちも、わたくしを絶望させただけだった。でも、あなた様は……」
  義康を見上げる月永の瞳は、黒々として深かった。この瞳に、これまでどれだけの苦しみがのしかかっていたことだろう。どれだけの絶望を抱えていたことだろう。
  だが、もうどんな苦しみも絶望も感じさせない。月永を離さない。
「月永……。生涯大切にする。わたしが愛しいと思う者は、そなた一人だ。そなただけを生涯愛しく思う」
「義康様……」
  瞳を潤ませる月永に、義康は誓いを込めて口づけた。誰にも邪魔をさせない。月永は義康のものだった。

  抱き竦められた月永の瞳が、暗く光って、閉じられた。
  とうとう、義康に抱かれてしまった。
  今、義康が抱いたのは僧侶の月永ではない。義康が抱いたのは、弟。
  ――泰恵尼。いいや、綾姫。おまえの息子は、実の弟を抱いた畜生に堕ちたぞ。
  目を閉じた月永の唇の端が上がる。声に出さず、月永は笑った。
  憎い女の大事な息子を、ついに穢してやった。地獄に引きずり込んでやった。
  実の兄と狂おしいまでに抱き合い、心地よい疲れが全身に満ちていく。
  畜生道に堕ちたのは、義康一人ではない。
  弟と知らずに月永を抱いた義康より、兄と知った上で義康に抱かれた月永のほうが罪深かった。
  そして、その兄に抱かれて、月永はかつてないほどに感じたのだ。それは、芝居ではなかった。
  血が、月永を狂わせたのか。
  ――約束どおり、生涯離さない。
  もう、二人は切っても切れない絆で結ばれてしまった。禁忌の快楽を貪ってしまった。
  ――兄上……共に地獄に堕ちましょうぞ。
  義康をかき抱いた月永から、涙が一滴零れ落ちた。
  悲しみとも、喜びともつかない涙だった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり