新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

~学園エンペラー~
啼かせてみやがれ!!

本を購入

本価格:533(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:552円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

私の花嫁になると誓え

「お前とは別れる」帝王に冷たく告げられた馨。複雑怪奇な身上の自分と、大財閥の次期総帥である彼では立場が違うと強がるが、ひそかに涙を零した。なのに、振袖姿で連れ出された見合いで、花嫁にと改めて帝王に求愛される。呆然とした馨は──怒り爆発、別れを宣言した!? 「私の妻になれ」傲慢に口説く帝王に捲り上げられた襦袢の下、イけないまま焦らされるが、総帥の座を捨てると言う彼のためにもなおさら素直になれない。啖呵を切って求愛をはねつけ…。大波乱のプロポーズ編ハート
立ち読み
  イク……と思った瞬間、帝王の手が馨の花芯の根本を押さえて、それを阻む。
「や、やだ……どうして……」
  根本を押さえる帝王の手に、爪を立てて解放してくれとせがむ。焦れて腰を揺らす。
「イキたいなら、わかっているだろう?」
「はっ!  んっ!  あああああっ!」
  再度弱い場所を強く突き上げられて、しなやかに背がのけぞる。うなじに噛みつくように口づけられて、その痛みさえ、じんわりとそこから熱が広がっていくようで。
  だが……。
「絶対に言わねぇ……」
  後ろを振り返り、帝王を挑むような瞳でにらみつけて馨は言う。体中を駆けめぐる熱に瞳を潤ませて、それでも赤く染まったまなじりで必死に彼を真っ直ぐ見つめて。
「……お前には従わない」
  いや、誰にも馨は従わない。それが馨の生きかただから。たとえ帝王でも、誰かの所属物になる気などない。
  その馨の答えに帝王は一瞬目を見開き、そして次になぜか満足げな、獰猛な微笑みを見せた。
「良い答えだ」
「やぁ!  あああああっ!」
  強く突き上げられ何度も揺さぶられた瞬間、馨の欲望の根本を戒めていた帝王の手が離れる。馨はがくがくと震えながら達し、そしてそのまま意識を失った。
おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり