新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

灼熱の夜に抱かれて

本を購入

本価格:552(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:571円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

殿下にさらわれて、 情熱の求愛(プロポーズ) ハート

熱砂の国サラーラ。遺跡発掘隊員の志岐は盗賊に襲われ、媚薬に侵されてしまう。最奥を穿つ昂りを求め身悶える志岐を助けてくれたのは、国を支配する王族・サイードだった。身体がとろけるような悦楽を与えてくれた彼に心惹かれる志岐。しかし身分の差が気になり、なかなか素直になれない。「監禁して、ずっと愛でていたい」独占欲も露わなサイードに攫われ、連れてこられた豪奢な館で甘い囁きと濃密な愛撫に溺れていき……? ゴージャス・ラブハート
立ち読み
「キスができないだろう。志岐、手をどけるんだ……」
  囁きながら、何度も軽いキスが手の甲に降ってくる。
  手で塞いだ唇がむずむずした。サイードの唇をじかに感じたくて、痺れるような快感をもう一度味わいたくて、唇を覆っていた指がするりと滑り落ちていく。
「いい子だ」
  すぐさまサイードは、何度も吸われて扇情的な赤に染まっていた志岐の唇を奪った。そうしながら、悪戯な指は志岐の身体を弄り回しているので、キスの合間に、志岐は何度も艶やかな喘ぎ声を漏らすことになった。感じるところを突つくたびに、サイードが意地悪くも志岐の唇から退いてしまうからだ。
「あ、あぁ……や、ん」
  今もウェストから入って悪戯している指に、昂りを握られた弾みに声が出てしまい、慌てて唇を噛んだ志岐は、半ば涙目でサイードを睨んだ。
「なんで……っ、僕ばっかり…」
  文句を言いかけた口は、すばやくサイードに塞がれてしまう。
「素直に感じていればいい」
  そんなことを言いながら、指はさらに、志岐の身体のあらゆる部位を探索して暴き立てる。しばらく放っておかれた下半身が、蜜を零して震えていた。そこを触ってほしいのに、サイードはわざとのように柔らかな内股やつけ根あたりに愛撫を施すだけで、肝心のその部分には触れようとしない。
  潤んだ目で懇願するように見上げても、眦に溜まった雫を吸い取られ、
「触ればイってしまうだろう。あとがつらいぞ」
  と苦笑されるばかりだ。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり