新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

純情はぁと解放区

本を購入

本価格:533(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    2000/12/25
    ISBN:
    978-4-8296-5232-9
書籍紹介

だらしなく胸元をはだけるな! 風紀を乱す!

わざとだらしない格好をして、従兄弟にして生徒会長の英の気をひこうとしてきた律は、クリスマスに勝負をかけようと……?
立ち読み
「だから、言ってるだろう?  おまえがプレゼントだって…」
  プレゼントには、リボンがなきゃ…。
  英は言うと、まだハダケている律の首に、律の胸もとから覗いているエンジのリボンタイを、じかに巻きつける。
「ん…っ」
  喉元に触れる、英の冷たい指先に、律はビクンとカラダを震わせる。
「英、長いこと、待ってた?」
「いや。そんなには…。おまえがくるのを待っているのは、楽しかったよ」
「英…?」
  どういうことなのだろう?
  うっとうしがられて、嫌われていたんじゃなかったのだろうか?
「律…」
  顎を捕えらえて、ゆっくりと引き寄せられる。
  唇が重なり、豆電球でライトアップされた周りの木々が、ダンスを踊るみたいに、風にざわざわと揺れた。
「寒くないか?」
  重なったときと同じくらいゆっくりと、唇が離れて、英が尋ねる。
「全然…。熱いくらいだ」
  もう一度唇が、すり合わされて、律は我慢できずに、舌を覗かせてしまう。
  その舌に、英は軽く歯を立てた。
「いひゃ…」
  顔をしかめる律を、英は笑いながら、ぎゅっ…と抱きしめる。
「こ、この…っ」
  律は、英の首に腕をまわして、絞め返してやろうとするけれども、その前に胸もとに忍びこんだ英の手に、突起をつねられてしまう。
「ひゃ…っ」
  ビクンと反らした喉に、痛いくらいの口づけ。
「かわいい、律…。いじめたくて、たまらなかった」
  情感たっぷりに、そんな台詞をささやかれても…。
  そのとき、不意に、パーティ会場から聞こえてくる音楽が、大きくなった。
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧
アイコンについて
  • プラチナ文庫
  • プラチナ文庫 アリス
  • プラチナ文庫 艶
  • ラピス文庫
  • f-LAPIS
  • プランタンe-Boys!
  • 本あり
  • 電子書籍あり